趣味

2016年2月14日 (日)

2016年2月・銀座フォト句会

      今年は暖冬?と思いきや物凄く寒い日もあったり体調の調整に
      四苦八苦の毎日です、皆さんは如何ですか?

      新しい年の初めての句会はバレンタインデーを控えた10日でした。
      前の日にデパートで皆さんに食べていただくチョコを選びました。
      最近は種類も豊富なチョコが出ていましたが、私はやっぱりゴディバ
      とモロゾフがお気に入り・・・ちょっと高価ですがそれを選びました。
      少しでも美味しいチョコを食べて頂きたくて(^▽^笑)

      さて、今回の作品を・・・

2            ★ つまずいた石はあの時蹴った石
              因果応報とでも言いましょうか(^▽^笑)
              

        横須賀の海岸で見かけたコサギ君、車の中で見かけて
        ちょっと興味を引かれたのでしばらくファインダーで眺めて
        いたら身体に似合わない足の大きさにまず吃驚・・・
        普段は魚を狙って水に隠れている足がばっちり見えました。
        歩き始めたら石につまずいてこけて辺りを見回した姿が可愛
          くて思わずカシャッ!

2_2             ★ ネジ巻いて心シャキッと冬に入る
           檜扇です、ちょっと両手を挙げてシャキッと気合い
           を入れているように見えたのでこの句を・・・

               2月の俳句の兼題は「薄氷」でした。

                私の句は・・

                ★ 猫なめるほどのひび割れ薄氷

        HP・「みすずの手習い」に英語の悪戯メールが来はじめて毎日
        削除にやっきになっていましたが、そのうち100通を超える日もあり
        いい加減うんざりしてしまいました。
        何が目的なのか・・・こんな些細なHPに悪戯してもなんの得にもなら
        ないのに・・と怒りが込み上げてきますが、色々考えた末,閉める事に
        しました。

        作成してから10年、色々な方に書き込んで頂きました・・・
        残念ですが皆さんにご挨拶も出来ず閉めることになりました。
        書き込んで下さった皆様、読んで下さった皆様、本当に有難う
        ございました。
         

       ★ この「みずずのフォト575」は続けますので宜しくお願いいたします。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

8月「銀座フォト句会」作品

          8月の「銀座フォト句会」が6日にありました。
            蒸し暑い夕方です、冷房の効いた部屋と外の温度差が
            大きくてふらっと眩暈がする様な感覚です。

           俳句の選句、フォト575の批評など2時間はあっという間
                  です、皆さんの素敵な作品を眺めているだけで至福の時間
                  ふふっと笑える写真、どうやって撮ったのかしら・・と思うよう
                  な技巧的な写真etc.・・・毎回勉強になります。
       
                  俳句のお題は「鳳仙花」
   
                       ★ 野良仔猫育ちて散らす鳳仙花    みすず
               

                       フォト575参加作品です。
2

      いつもカメラを持って出掛ける洗足池、いつもは池の岸から狙う
             ユリカモメですが、今回は夫にボートを漕いでもらって近くから
             撮りました。

Photo

       雨に濡れたビロードのような赤い薔薇、好きな色です。
               句は昔々の淡い初恋?・・・妄想かも(^▽^笑)

       まだまだ暑いのにもう暦の上では「立秋」です・・・
               先日は多摩川をドライブしたのですが余りの暑さに車の中
               から川を眺めただけで帰宅しました。
               本格的な秋が待ち遠しいな~、釣りにも行きたいし!!
              でも 水に落ちてから水トラウマになっている私です(^▽^笑)

 

               

             

 

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

今年初の「銀座フォト句会」がありました。

         2月12日、今年初の「銀座フォト句会」がありました。

         風邪を引いたという方が何人かいらして人数は少なか
         ったのですが・・板見先生もタケウマさんも出席されて、
         楽しい集まりでした。

         体調もどうやら通常の生活が出来るように戻りました・・
         健康の有難さが今更ながら分かり、身の丈の暮らしを
         する事の大切さを実感しています。

         句会に出した作品です・・・

3
Photo               作品は「フォト575を2作品」「俳句を1句」


        俳句は・・・お題が「風花」と「カタクリ」でしたので風花で作り
        ました。

        ★ 風花やふわり舞い込む露天風呂

        水上の大穴スキー場にちゃちゃを連れて雪遊びに行った
        帰りにいつも立ち寄る露天風呂で体感した句です。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

タナゴ釣り

       梅雨晴れの一日、タナゴ釣りに行ってきましたdashdash

       東京から約一時間半ほどの小川です・・・
       用事で通りかかって偶然覗いた川、そこで久しぶりにタナゴの
       ヒラウチを発見しましたsign01
       その日は釣る予定ではなく用意もしていなかったので下見だけ。

       丁度良いお天気なので早速釣り道具を車に乗せ出掛けてきました。
       この日は前の日が雨だったようで水が多く少し濁っていました・・
        でもこのくらいの濁りの方がタナゴに気付かれず釣れます。

                    早速釣り開始・・・

1

2_3          こんな感じで釣っています、紫外線除けが大事ですcoldsweats01



3_4

        アメンボウが沢山泳いでいてウキを入れるとすぐ寄ってきて
        ウキに体当たりしたり遊んだりしています、好奇心旺盛な様子
        このアメンボウはラブラブカップルでしたheart04

4        はいっ・・釣れました、婚姻色に染まった「大陸バラタナゴ」大きさは
        ちょっと小さ目で5㎝です、綺麗でしょう?

52         「メダカの学校」状態で沢山のメダカが泳いでいます。

 

                今日のフォト575(俳句)は

6
        こんな感じでわたくしの趣味である(淡水のタナゴ釣り)は
        続きます・・・年々タナゴが減って来たようで寂しい思いを
        していたのでタナゴのヒラウチ(水底で藻を食べる時に身
        をくねらして食いちぎる動作)が見られるのは嬉しい限り。
        水底でこの魚の美しい色がキラッと光るヒラウチは最高です。 

        釣った魚は綺麗な個体だけ大事に持ち帰り家の水槽で飼育
        しています、今300匹ほど飼育中です。

                ちなみに、タナゴ竿の長さは80㎝、ウキの大きさは1㎝、ウキの下に
       付いているオレンジ色の玉ウキの大きさは1mm…
       何もかもが小さく軽く、女性向きの釣りです。
        餌はタマゴの黄身を「おかゆ粉」と言ううどん粉のようなもので練って
       エッセンスを投入して自分なりの餌を作ります。
       タナゴの口は小さいですから餌も1mmくらいの大きさで付けます。
       何もかもが小さいので加齢とともに目が辛くなりそうですthink

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

釣行・・タナゴ釣り

わたくしの短詩以外のもう一つの趣味はタナゴ釣りです・・

タナゴ釣りを覚えてから8年程になります、始めて4~5年は良く釣れました。
所が最近は何故かタナゴの数が減ってきたようで釣行しても何匹単位、時には
ボーズ(ゼロ)の日も・・・

釣り場はほとんど茨城、千葉、埼玉、あたりでしたが最近は琵琶湖まで出掛ける
事もあります、琵琶湖はまだ魚影が濃いのです・・
でも琵琶湖は東京から高速で5時間以上かかります、そろそろ年齢的にも無理が
出来ないので半年に一回ほどになっています。

それでも好きなタナゴを釣りたくて北浦や霞ヶ浦、手賀沼などに休みのたびに出掛
けています、行けば家で飼うくらいは釣れます、もう入れ食いの醍醐味は味わえま
せんが、あの釣れた時の竿の震える感触、キラキラ輝きながら釣られてくるタナゴ
の美しさに惹かれてこれからも一時間半の釣りドライブに行くつもり・・・

                 今日のフォト575は釣り場の池

2


にほんブログ村

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

白昼夢・・釣り場で!

白昼夢とは?・・目が覚めている時におこる、夢に似た、現実性を帯びた空想flair

釣りに行った日の事、風は爽やかに頬を撫ぜ、6月の日差しは柔らかく、川面は
柔らかな日差しを浴びてキラキラ光り・・・最高の釣り日和、これで念願のタナゴが
沢山釣れたら最高なのですが、そうは問屋が卸しません・・・
最初は”こんな気持ちの良い釣り日和、滅多にないわね~タナゴが釣れなくても
いいかっ”なんて余裕の心happy01

そんなうっとりの時間が過ぎて1時間、いっこうに浮が動く気配はなく、さすがに
生あくびが出始めました・・そんな時です、少し濁った底で大きくキラッキラッと
光る物体が・・タナゴは底の石などに付いた苔を齧り取るときに体をくねらせて
齧る仕草を「ひらをうつ」と言います、その「ひらうちが」大きく何度も見えたのです。
色も5彩色、濁った水の中でその色はとてつもなく綺麗で大きさも20センチ程。

でも・・でもです、タナゴは大きくても10センチ、わたくしの狙っている「カネヒラ」
は今、繁殖期ではないので色が出ている筈がない、なので今、色が出ている
「大陸バラタナゴ」を釣っていたわけで・・そのバラタナゴは大体7~8㎝なのです。
なら、この光る物体はなんぞや?

興奮しつつ隣で釣っているおっとっとに言うと”え~そんなもの見えないよ”・・と
わたくしが幻を見たのではないかと言わんばかりcoldsweats02
その後、じ~っと待っていてもあの物体は消えてしまいました・・・
結局は小さなバラを何匹か釣ってこの日の釣行は終わったのでしたfish

今でもあれは大きなタナゴだったと思っているのですが、白昼夢だったのかな~

             ★ 今日のフォト575は・・・車中から見た幻?

Photo_2

            写真の右・・・幻?のビルがぼ~~っと写っていますhappy01

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

タナゴ釣り・・

今年は5月に入ってもまだ寒暖の不安定な日がありますが、そろそろ釣りのシーズン
になりました・・

水槽の魚たちも餌を欲しがって右往左往、元気に泳いでいます・・・

わたくしが嵌っている「タナゴ」は鯉科、タナゴ亜科の魚で種類は10種類以上・・
主に「大陸バラタナゴ」「ヤリタナゴ」「カネヒラ」「アブラボテ」「赤ひれタナゴ」・・が
わたくしが釣っている種類です。

釣り道具は・・約80~90㎝の竹竿、手作りの浮と玉浮き、それにタナゴ用の小さい
小さい針、そして餌は「黄身練り」を作ります。

4月に何回か釣り場に行ってみましたが水が冷たく魚影が見られませんでした、
明日はタナゴ釣りのお師匠さんを誘って釣行をします、さてタナゴちゃんは釣れ
るでしょうかfish

               わたくしが釣ったタナゴです・・・

Photo              大きさは約8㎝の「大陸バラタナゴ」のオス
                               虹色の婚姻色が出ています。

Img_2326                タナゴ釣りのお師匠さんの釣り姿です

Photo_2                   釣り場はこんな所も・・・

Photo_3                    こんな感じで釣ったり・・・

        これからの季節11月ごろまでわたくしの釣りは続きます・・・

       ★ 今日のフォト575は・・・わたくしが釣り上げたタナゴちゃん
                今も元気で水槽を泳ぎ回っています、もう10センチほどに
         なりました・・・

              あっ・という顔して魚釣れてくる   みすず

Photo_4              

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年11月30日 (火)

趣味は淡水の魚釣り

3 もうかれこれ7年になりますが「タナゴ釣り」に嵌っていますfish

その昔タナゴ釣りは「殿様の釣り」と言われたとか、短い小さな軽い竿でのんびりと釣る8㎝ほどの魚は繁殖期には五彩色に輝く美しい魚です、いかにも箸より重たいものは持たない殿様らしい釣りです・・・

さて、自称「女タナゴ釣り師」のわたくし、最初は夫の趣味のお供で仕方なくついて行ったくらいの感覚でした、それが突然変異でタナゴ釣りの面白さに目覚め、今では釣り具も自作、夫より沢山釣れ夫より釣りに行きたがるようになりました・・・(昨年は琵琶湖まで釣行に行ったほどです)・・夫はタナゴ一本槍ではなく「釣る」という行為が大好きな人です、でもここ4~5年はわたくしと同じく「タナゴ」に魅せられているようです。

「タナゴ釣り」は冬でも出来ますが寒いのと魚の活性が良くないので4月~10月がシーズンです、釣り場はほとんど東京から一時間半かけて茨城県の北浦、霞ヶ浦に出かけます、朝から夕方まであちらこちら釣り場を巡ります、釣った魚は綺麗なオス以外はほとんどリリース、家には水槽が七個あって約200匹のタナゴを飼育しています。

庭に井戸があるので水には不自由しません、水道水ですと一日カルキ抜きをしなくてはならないので井戸水があって助かっています・・・と偉そうに書いていますが面倒見は全部夫、わたくしは眺めてうっとりしているだけですがsweat01

というわけでここ一番の趣味は「釣り」・「PC」・「フォト575」・がわたくしの三種の神器となります。

今日のフォト575は「釣り」・・撮影場所は三浦海岸、モデルの人は知らない方ですがわたくしの苦手な海釣りをしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

秋の蛍

飯田蛇笏の句に ”たましいのたとえば秋の蛍かな” という句があります、都会ではもう蛍を見る場所もなくなりました、特に秋に蛍などは見たこともないのですが、なんとなく儚げな感じがします。

秋の蛍とは「残る蛍」「病む蛍」ともいって、もうあまり飛ぶ元気のない蛍のことです、秋風が吹く頃、弱々しく放つ光に季節を外れた侘しさと儚さを感じます。

昨年、珍しく麻布の近くの公園で蛍が見られると新聞に出ていたので夕方夫と行ってみました、お祭りの催しの一旦として金網を張った中に蛍を放っているのです、お祭りが終わる最終日の夜10時頃、蛍を持ち帰っても良いと言うことで私達は30匹ほど頂いてきました、家に帰るともう夜も11時を回っています、貰ってきた蛍をそっと庭に放ちました・・

家の電気を全部消して濡れ縁に座って蛍が庭をふわふわと飛ぶ様をじっと眺めていました、お祭りの間の一週間を麻布で過ごした蛍たちはもう少ししか飛ぶ力が残っていませんでした、でも庭が一時間ほど柔らかな光に包まれて、それこそ「プライベート・蛍」・・ギャラリーは私と夫だけ、なんという贅沢な時間でしたでしょう・・・

次の朝、庭に出て蛍を探しましたがどういうわけか2匹の死骸しか残っていませんでしたがそっと土に埋めてあげました、ほんとうに儚い命、そして美しい!

今日のフォト575は、秋の蛍です・・・『横浜・三渓園』Photo に蛍を見に行ったときの画像です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

ちゃちゃとフォト575

推定生後2ケ月ほどのちゃちゃを釣り場の船溜まりで拾って来てから5年が経ちました・・・

それからちゃちゃを被写体にして何百枚の写真を撮ったでしょうか・・最初はカメラ目線をしてくれましたがこの頃はカメラを向けて”ちゃちゃ!”・・と声を掛けてもそっぽを向いて知らん顔、生意気な熟女になりました。

NHKのフォト575に何度も登場していますし、隣近所や友達などにも結構可愛がられていて、家族の中では一番の有名犬です、雑種は頭が良いと聞きますが紛れもなく賢い犬です、教えた事は一発で覚え我慢強く特に目が何ともいえない可愛さ(完璧な飼い主馬鹿ですね)・・・

拾って飼おうと決める時点で考えた事はただ一つ、私達夫婦が後期高齢者になる頃はちゃちゃも同じくらいの歳になる計算で老齢の犬を子供に託す事なく同じ頃にあの世に・・・なんて事を考えている私です。

私達もちゃちゃもこれから迎える老後を健康で暮らせるように神に祈る日々です。

今回のフォト575もちゃちゃの目が一番の見せ所です、如何でしょうか?Photo

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧