« 8月 銀座フォト句会 | トップページ | 平成30年  2月銀座フォト句会 »

2017年12月25日 (月)

10月・12月の銀座フォト句会

               10月の作品です。

Photo_6

              ★ それはそれ今日の私はゆずれない

 

              油壷マリンパークのかわうそ君です。

              お魚の悲鳴が聞こえてくるような齧り方・・

              可愛いしぐさと顔をしていますが、やっぱり野生

              少し怖い!

 

Photo_8

                               ★ 胸に棲む母より生きて母を恋う

 

              母は40歳前に亡くなりました・・・

              その母より何十年も長く生きてきた私ですが

              幾つになっても胸の中には母が棲みついて

              います。

              写真の猫は「公園猫」,どこかきりっとした顔つき

              のこの猫は、きっと迷子猫が公園に住みついて

              野良になったのでしょう。

 

              ★ 10月の俳句兼題は「木の実」

              私の句は・・

              ★ 木の実独楽干からびて子の宝箱

 

              子供が独立してのち、部屋を片付けていたら机の

              引き出しの奥から小さな古びた箱が出てきました。

              息子が小学校低学年の頃、大切にしていた宝箱、

              開けてみるとベーゴマ、めんこに混じって木の実の

              独楽が一つありました、どんぐりでしょうか・・・

              黒くなって少し干からびたその独楽は回すとくねくね

              と安定しません、でも可愛い独楽、また大事にしまい

              込みました。

 

              12月の作品です。

Photo_9

              ★ 限りある命燃やして紅を刷く

                               新宿御苑の枝垂れ紅葉です、命を燃やして

              精一杯季節を謳歌しているように感じました。

 

Photo_10

              ★ 追憶のひだに埋もれた悔いひとつ

 

              千葉の鋸山にある「東海千五百羅漢」の一体。

              石工(大野甚五郎英令)という人が、門弟27人 

              と21年をかけて彫ったもので、一体として同じ

              顔が無いという、見ごたえのある石像群でした。

              この石像のお顔は何やら悩んでいるように感じ

              こんな句を付けました。

              12月の俳句兼題は「冬」という字を入れて・・

 

              私の句です・・・

 

              ★ 白々と旅行カバンの中に冬

 

              冬の旅から帰って、カバンの中に見た

                               寒々しい旅支度から感じ取った句です。

 

                            ★  今年は更新が遅れがちになってしまう事が多く

                                 自分でもやるせない思いでした、、のんびりと・・とは

                                 思いつつも気が焦ってばかり、来年は体調を整えて

                                 更新できるよう頑張ります。

                                一年間、覗いて下さった方々には感謝のみです。

                                皆様よいお年をお迎えくださいませ・・・

 

 

|

« 8月 銀座フォト句会 | トップページ | 平成30年  2月銀座フォト句会 »

コメント

みすずさん、おはようございます。

追憶のひだに埋もれた悔いひとつ
悔い、今はひとつふたつ・・と忘れています。

家内が3度目のカテーテルアブレーション手術
をして退院、これで大晦日を迎えられます。
年を取るとは、自分の体との闘い!
勝てる見込みはありませんが、頑張る。
では、良い年をお迎え下さい。_(._.)_

投稿: 彦翁 | 2017年12月26日 (火) 05時47分

 みすずさん、ご心配をおかけしましたが、先日無事退院出来ました。

 久しぶりの更新、首を長くして待っておりました。

 カワウソは凄く迫力のある作品でしたね。可愛く振る舞うことより、今日の私は食欲優先なのだ!という作品かと思いましたが、画面に写っていないもう一頭のカワウソに対してのセリフなんですってね。

 木の実独楽のお句は、当日私も採らせて頂きました。男はいくつになっても、少年時代の思い出を捨てられないのです。

 石仏は聖母マリアにも見えますね。今月はみすずさんの作品を皆さん見抜けなかったようですが、今じっくり句を読み返すと、みすずワールド全開でしたね。「追憶のひだ」などという言葉遣いは、みすずさんにしか出せないもの・・・。

 大晦日までフル回転でしょうが、お身体を大切になさって、良いお年をお迎え下さい。

投稿: 春旭 | 2017年12月26日 (火) 11時40分

こんにちわ
久しぶりですネ
すっかり書くという事を忘れてしまいました。

投稿: とみか | 2017年12月27日 (水) 08時31分

★ 彦翁さん

ご無沙汰致しました、忘れず覗いてくださって
ありがとうございます。

奥様、退院されたそうで、良かったですね~・・
大変だったことでしょう、お疲れ様でございました。

私の周辺でも具合の悪くなる人が増え、寂しい限り
です、元気でいなければ・・と思う毎日です。
彦翁さん、良いお年をお迎えくださいませ、そして
来年もどうぞ宜しくお付き合いお願いいたします。

投稿: みすず | 2017年12月27日 (水) 15時50分

★ 春旭さん

退院おめでとうございます、ほっと致しました。
皆勤賞のライバル?ですから、頑張って頂かないと
句会は春旭さんでもっているようなものですから(^▽^笑)

句はどうにかなりますが、写真は元気でないと困ります
歩けるうちは頑張りましょう・・と私の独り言。

寒い時は庭に頼るわけにもいかず、作品の枯渇に参って
います、元気なうちにもっと撮っておけばよかったと
思います、近場で良い場所を見つけないと!!

もう少しで今年も終わり、良いお年をお迎えください、
来年から年賀状を止めました、お年賀届かないと思い
ますがごめんなさい!
来年、このブログで新年のご挨拶を致します。

投稿: みすず | 2017年12月27日 (水) 16時02分

★ 姉さん

ほんと、ここで姉さんと話すのは(^Q^)/゛ ヒサシブリ!
私の怠慢で心配かけました。

来年になったら又会いに行きますね。
元気でいてください!!

投稿: みすず | 2017年12月27日 (水) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550296/66198033

この記事へのトラックバック一覧です: 10月・12月の銀座フォト句会:

« 8月 銀座フォト句会 | トップページ | 平成30年  2月銀座フォト句会 »