« これからの生き方・・ | トップページ | ふりむけば・・・ »

2013年3月21日 (木)

モノクロの記憶

      過去の思い出はモノクロ、夢の中でもモノクロで訪れる・・・
      色のある綺麗な思い出は幼い頃のほのかな思い出。

      小学生の頃、母の日になると学校からカーネーションを渡される
      この記憶は本当にあった記憶なのか定かではないけれど。
      母のいる子には赤いカーネーション、母のない子には白・・・

      小さい頃に父母を亡くしたので育ててくれたのは祖母・・・
      本当にこんな残酷な事を学校がしたのかどうか、わたくしの
      被害妄想がそうした記憶で残っているのか・・わからない。

      白のカーネーションを貰ったのはわたくしと他に誰がいたのか
      定かではないけれど、その白いカーネーションを寂しい思いで
      眺めていた幼い自分が記憶に残っている・・・

      そんな幼いわたくしの心に一つだけピンク色の思い出がある。

      初恋というほどの想いではないけれど気になる男の子がいた・・
      クラスの女の子が皆その子を好いていたらしい、ある日の事
      校庭の端を小さな川が流れていて、一か所手洗い場があった。

      その両側に女の子が何人か並んで手を洗っている、何故か
      その男の子が川を挟んだ向かい側にいて綺麗な色の石を持
      っていて、その石を女の子達が頂戴~と叫んで手を差し出す
      わたくしも同じように差し出すとその石をわたくしの手に載せ
      てくれた・・・ただそれだけの事なのだけれど。

      きっと寂しい顔をした女の子にその子が同情して石をくれた
      だけかも知れない薄紅色の石、失くしてしまったけれどそれ
      が暫くわたくしの心を温めてくれた、そんなピンク色の記憶。

             今日のフォト575はピンクの八重桜で・・・

Photo               モノクロの記憶にひとつあるピンク  みすず


にほんブログ村

|

« これからの生き方・・ | トップページ | ふりむけば・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わたしも、その日の事、すこししこりに感じておりました
やはりお母さまを亡くされていた生徒さんは、傷ついていたのですね
紙で作った赤いカーネーションを、学校で貰います
「持って帰っておかあさんに渡しなさい」って
でも、中には白いカーネーションを貰って帰る人が。
今、それが誰だったか、顔も名前も思い出せないのですが
白いカーネーションが、とても心に、ひっかかった思い出が
鮮やかです
赤いカーネーションを、これ見よがしに持って帰るのは、
気がひけました
それと、おとうさんやおかあさんの似顔絵を書く授業

今もそんな授業あるのでしょうか

投稿: 亜詩 | 2013年3月22日 (金) 00時24分

みすずさん、おはようございます。
モノクロの記憶にひとつあるピンク
小学校で母の日にカーネーションを貰った記憶はありません。
父兄参観日、年の多いい母が気になった!
33で産んだ子ですから。
モノクロの記憶、貧しかったけれども、
幸せだった思い出ばかり。
不幸せな思い出は忘れてしまったのだろうか?
うん!惚けたのかな。(>_<)

投稿: 彦翁 | 2013年3月22日 (金) 06時00分

(* ̄ー ̄*)こんにちわ

読みました
カーネーションの事、殆ど覚えていません。
私が白糸に行った日、小学5年生だったと思います。

白糸でみっちゃんが最高に可愛かった。
1年生になるのにお洋服をとても可愛いく着ていて・・・

素敵な彼を作ったと?何だか忘れそうね~

白糸の滝へ行く途中におばあちゃんが家を建てました、大きな家でしたよ。

家にあったレコードを使って、婦人会の人が踊りを踊って、みっちゃんがその子供になっておんぶされて!
(小さくって可愛いかったから)

投稿: とみか | 2013年3月22日 (金) 11時14分

おはようございます!

私にもピンク色の思い出があります。
いや、気持ちがピンク色で
最後は真っ黒に塗りつぶされた
儚くも悲しい思い出が(笑

今から思うと笑い話ですが・・・

書きましょうか。
当時、そう小学校5年か6年の頃
文通が流行っていて
私も流行の一端を担って
はい、やっておりました(笑

しばらく手紙のやりとりがあって
内容は全く記憶にありませんが
あるとき写真を送ったら
ぱったり手紙が来なくなった・・・

ただそれだけの笑えるお話なんですけどね(爆

投稿: まわりみち | 2013年3月23日 (土) 07時06分

みすずさん
    おはようございます~。

 モノクロの記憶にひとつあるピンク  みすず

>心に一つだけピンク色の思い出がある

ほのぼのと私の心もピンクに染まりました .+゚*。:゚+( ノ∀`)ポッ.+゚*。:゚+。

いつも単純な評しか書けない私ですが良い句 
ですね・・・画像もいいですね。

両親様を早くなくされておばあさんに育ててもらわれたみすずさん・・・とてもも明るく気さくに育っておられるのはきっとおばあさんやご兄弟姉妹さんたちの影響なんでしょうね。
主人も4歳ごろから祖父母に育てられました。
主人のことですがどんな環境でも周りが支えて上手に育ててくださったことに感謝しています。

投稿: 雅代 | 2013年3月23日 (土) 08時45分

★ 亜詩さん

 やはりカーネーションの配りはあったのですね~
 記憶がぼんやりしていて、でも寂びしい思いは
 残っていて・・
 紙の花だったのか生花だったのかも定かではない
 のですが、やっぱり・・と確信しました。
 赤いカーネーションを貰った子も気を使っていた
 んだな~と再認識しました。
 似顔絵を描く授業は確かにありました、わたくし
 は写真で見た母を描いた記憶があります。

投稿: みすず | 2013年3月23日 (土) 10時57分

 ★ 彦翁さん

 辛い記憶は忘れてしまう方が賢明です、楽しい
 思い出をいつも心に留めておけばよいのです。
 わたくしはB型ですのでその傾向があります。
 でも何故かカーネーションの思い出は辛く心に
 残っていて今でもカーネーションは買う事があ 
 りません、貰うのは別ですが(^▽^笑)

投稿: みすず | 2013年3月23日 (土) 11時00分

 ★ 姉さん

 あの婦人会の踊りの事、微かに覚えています。
 大人になってからその事を思い出して歌を検索
 しました・・「悲しき子守唄」でした。
 
 「悲しき子守唄」
  作詞:西条八十
  作曲:竹岡信幸

可愛いおまえが あればこそ
つらい浮世も なんのその
世間の口も なんのその
母は楽しく 生きるのよ

可愛いお目目よ 丸い手よ
見れば撫でれば 悲しみも
忘れていつか 夢の国
母は涙で 笑うのよ

つらい運命の 親子でも
吾が子は吾が子 母は母
神様だけが 知っている
たまに逢う日の 子守唄

この歌は松竹映画の「愛染かつら」の中で歌われた
主題歌の一つだそうです。
この歌を聴きながら幼い頃婦人会の女性におんぶされ
て舞台に出た時、おばあちゃんの顔が客席にあった
事を微かに覚えていて柔らかい背中で気持ち良かった
記憶があります(^▽^笑)

投稿: みすず | 2013年3月23日 (土) 11時07分

 ★ まわりみちさん

 初恋ですね~・・わたくしも多分同じ歳頃
 だったと思います、3年生くらいかな~
 ピンクの記憶!
 まわりみちさんは手紙交換をされていたの
 ですね、結構早熟な男の子? (^o^)
 初恋が実って結婚にまで進むという事は稀
 でしょう、ピンクの思い出が残っているのは
 幸せな証拠ですね・・・
 

投稿: みすず | 2013年3月23日 (土) 11時13分

 ★ 雅代ちゃん

 そう、ご主人様もそうでしたね~・・
 でも明るくて優しくて生活力があって素晴らしい
 ご主人です、きっと周りの方達が優しく接して
 下さったのでしょう、わたくしも同じですから
 良くわかります。
 
 この句は自分でも一番好きな気に入っている句
 の一つです、沢山作ってきましたが気に入った
 ものはほんの3~4句、川柳は難しいです。

投稿: みすず | 2013年3月23日 (土) 11時17分

みすずさん

 「愛染かつら」の中で歌われた歌
私どういうわけかこの歌が大好きで今でも歌詞をみんな覚えています。
歌えるんですよ・・・・年から言うとちょっと???なんですけどね。

投稿: 雅代 | 2013年3月23日 (土) 16時43分

★ 雅代ちゃん

 そうなんだ~・・この歌は昭和13年らしい
 です、大分ヒットしたらしいのでずっと長く
 歌われていたんではないかしら、わたくしも
 その頃はまだ生まれて居ませんでしたが・・
 愛染かつらは中学の頃に見た気がします。
 雅代ちゃん、歌詞を全部覚えているのね~・・
 哀愁を帯びた良いうたですね。
 

投稿: みすず | 2013年3月23日 (土) 19時08分

八重桜と心が ほっこりする ピンク色の石の
思い出。
母の日に、赤いカーネーションを贈りましょう。
天国に旅立ったお母さんには、白いカーネーション贈りましょう。 
父の日にも、赤いバラか黄色いバラを 天国に旅立ったお父さんには、白いバラを贈りましょう。
そういう 習慣なのだろうけど、いざ 学校で
配られたら 泣けちゃうね。白色は 悲しくて 寂しくて。
みすずさんは、おばぁちゃんに 感謝する日
だったんですね。
寂しさに震えた時間が、みすずさんの優しさを
育てたのかな。

投稿: acefeel | 2013年3月23日 (土) 23時19分

★ acefeelさん

 れんげちゃんの事、大変でしたね、そんな中
 コメントありがとう、気を使って下さって・・
 無理しないでねweep
 
 母の日にカーネーション、父の日は薔薇なのね
 薔薇は知らなかったsweat01sweat01
 遠い記憶です、今が幸せだからきっとピンク色
 で覚えていたんでしょう、幼い頃の記憶は朧で
 す、今の子供たちが大人になったらどんな記憶
 が残るんでしょうね~shine

投稿: みすず | 2013年3月24日 (日) 10時28分

typhoonみすずさんご無沙汰ばかりより未だ生存の穴蔵の狸です リンク覗いたり懐かしさに書き込んでいます
もう~平均寿命を越境する迄頑張り抜きました妻の旅立ちから10年目標が今月で達成します
昨年来肺癌を宣告されてもいまだに生き抜けています
懐かしい川柳 俳句拝読しながら恩返す人ばかり増えすぎて有り難う伝えられる迄欲垂れに生き抜きたい 動物大好きな狸は結構皆様と交流を続けています
花梨さんとは時々お電話でお話ができて狸の生命力に
負けないでと喝いれをしています ご縁とは不思議だなとつくづく感じながらネットに挑戦してよかつた
まだ手先の動く間は我なりに挑戦続けたいと感じいます。ブログ眺めながら懐かしんでいます。

投稿: 中山 隆之 | 2013年3月26日 (火) 15時57分

 ★ 中山さん

 ま~~!本当にご無沙汰いたしました。
 お元気そうで何よりです、花梨さんもお元気
 ですね、素敵な花梨節は変わらずいつも勉強
 させて頂いています・・・
 中山さん、体調は如何ですか?
 癌も中山さんのような前向きな方には無力で
 しょう、わたくしも癌の方を何人も見てきま
 したが長生きなさる方は何事にも積極的に生き
 ている方が多いです、家の相棒も前立腺がん
 の手術をしましたが、何もなかったように自然
 な生活をしていて驚きます、わたくしだったら
 がっくり落ち込んでしまいそう。
 中山さんもこれからもまますパワーを発揮して
 楽しくお過ごしください、思い出してくださっ
 てお立ち寄り有難うございました。
 

投稿: みすず | 2013年3月27日 (水) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550296/57004637

この記事へのトラックバック一覧です: モノクロの記憶:

« これからの生き方・・ | トップページ | ふりむけば・・・ »