« 湯の丸高原へ・・・ | トップページ | 夜半の秋 »

2011年8月29日 (月)

吾亦紅(われもこう)

 吾亦紅さし出で花のつもりかな   小林一茶

 吾も亦(また)紅(くれない)なりとひそやかに   高浜虚子

 吾亦紅すすきかるかや秋草のさびしききわみ君におくらむ  若山牧水

高原には沢山の可憐な花に混ざって「われもこう」が密やかに咲いていました、牧水の詠のようにススキや吾亦紅を束にして家に持って帰りたい誘惑に駆られるような風情でした・・

トンボやシジミチョウがこの吾亦紅に止まっていましたが蜜を吸っている様子ではなく止まり木のような感覚で秋の風に揺れていました。

「私もまた紅い花なのよ!」と密やかに自己主張しているような吾亦紅の花言葉は「愛慕」です、名前も、吾亦紅・吾木香・我毛紅・割れ木爪・ウマイズカ・ダンゴバナ・etc.・・などの多くの名がついている花ですが、地味なりに妙に心惹かれる花でもあります。

暫く草原に寝ころんでこの花をじっと眺めていました、風にゆれるとカサカサと言う密やかな音が聞こえてきます・・

以前作った私の短歌に・・・

 「小さい秋」ハミングしつつ目つぶれば我はそよそよ野の花となる

こんな感じの秋の高原での至福のひと時でした。

★今日のフォト575は・・・赤とんぼと吾亦紅11

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

|

« 湯の丸高原へ・・・ | トップページ | 夜半の秋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みすずさん、こんにちは。
吾亦紅きみも残暑に耐えている
我はそよそよ野の花となる

私の「吾亦紅」はカラオケで歌う
すぎもとまさとの「吾亦紅」
あなたに あなたに 見ていて欲しい
髪に白髪が 混じり始めても
俺、死ぬまで あなたの子供

投稿: 彦翁 | 2011年8月29日 (月) 13時47分

みすずさん、こんばんは~。

まだまだ残暑厳しいですね。
吾亦紅とギンヤンマでしょうか? 吾亦紅は私も大好きな花です。
写真の腕もUPですね。
バックが奇麗に抜けて素適な一枚ですね。 

  「小さい秋」ハミングしつつ目つぶれば
    我はそよそよ野の花となる

みすずさんの歌ははっきりと脳裏に刻まれてます。
2002年10月の短歌ですね~懐かしいわぁ~~。

投稿: 雅代 | 2011年8月29日 (月) 20時04分

みすずさん

 >今日のフォト575は・・・赤とんぼと吾亦紅

吾亦紅とギンヤンマでしょうか?・・・なんて。
見落としていました(ノд・。) グスン

投稿: 雅代 | 2011年8月30日 (火) 09時27分

秋の野にアクセントのように咲いている
赤ワイン色の吾亦紅
出会うと、何故か口元が緩みますhappy01

アキアカネ(?)と共に残暑を労わりあっているのでしょうか?

こちらは、♪ 探し物は、なんですか?
     ♪ 小さい秋、小さい秋
見つかったと思ったけど、勘違いでした♪ ♪
って感じですsweat01

投稿: 亜詩 | 2011年8月30日 (火) 13時04分

吾亦紅にこんないろいろな句や歌があったのですね。地味ながら何か味のある植物で、名前の響きも私は好きです。俳句の仲間にこの名を俳号にしたいと言っていた人がいました。残暑がありますが高原にはもう秋の風が吹いているのですね。これからが爽やかな初秋到来で行ってみたくなりますね。

 赤きものつういと出でぬ吾亦紅  虚子

投稿: つゆ草 | 2011年8月30日 (火) 16時12分

★彦翁さん

杉本まさとの「吾亦紅」私も好きです、あの嗄れ声が何とも言えない味があります、男性が好きな歌のようですね、さだまさしの歌にも「吾亦紅」があります。

地味な花ですが吾亦紅を好きな人も多いようです。

投稿: みすず | 2011年8月30日 (火) 20時44分

 ★雅代ちゃん

あの詠を作ったのは2002年でしたか~もう9年前になるのね~・・月日の経つのが早いですsweat01

雅代ちゃんに写真を褒められると最高に嬉しいの、あのバックは偶然の賜物です、上手く光が入ってくれました・・・

ごめんんさいね後からトンボの名前書き換えたの、名前を入れるのを忘れていたので・・赤とんぼ(アキアカネ)ですね。

投稿: みすず | 2011年8月30日 (火) 20時55分

 ★亜詩さん

替え歌お上手です~scissors

秋の花は紫とか黄色が多いので吾亦紅の赤は意外と目立つんですね、蝶もトンボも止まって憩っていました。

この花だけを束にして花屋さんで売っていましたがとても素敵でした、カスミソウもそれだけを束にするとすごく綺麗でしょう?・・・吾亦紅もカスミソウも脇役ですが、束になるとランクアップします。

投稿: みすず | 2011年8月30日 (火) 21時02分

 ★つゆ草さん

吾亦紅を主題にした歌や俳句、短歌は意外と多いです。

虚子の 赤きものつういと出でぬ吾亦紅 これも素敵な句ですね~!

「つういと」出るって感じが良く出ていますね~。

こんな俳句を作ってみたいな~coldsweats01

投稿: みすず | 2011年8月30日 (火) 21時06分

 「小さい秋」ハミングしつつ目つぶれば
    我はそよそよ野の花となる 

これステキな短歌ですね。(・∀・)イイ!
吾亦紅 咲いてる 景色 あぁ いいなぁ。
涼しそうだけど 残暑なんだねぇ。(^_^;)

投稿: acefeel | 2011年8月30日 (火) 21時24分

 ★acefeelさん

おはようございます。

短歌、ありがとう、もうずいぶん前に詠んだものですがちょうど今頃の時期に草原に行ったときの作品です。

吾亦紅は健気な花、脇役でもカッコいい花です、庭にも植えてありますがやはり高原で見るものとは感じがちがいます、”手に取るなやはり野に置けレンゲ草”なのですね。

投稿: みすず | 2011年8月31日 (水) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550296/52594773

この記事へのトラックバック一覧です: 吾亦紅(われもこう):

« 湯の丸高原へ・・・ | トップページ | 夜半の秋 »