« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月26日 (土)

なにごともなかったように・・

東北関東大震災から2週間が過ぎようとしています・・・・

被災地の悲惨な状況をテレビで見るにつけいたたまれない気持ちになります、東京も小さいですが余震がまだあります・・「緊急地震速報」の発信音が流れるたびに胸がどきっとして身構えます、その上に放射能、飲料水、野菜の危険性など、まだまだ続きそうな気配です・・・

日本も世界の人々も被災者の辛さ苦しみを我が事のように考えています、東京も夜は本当に暗い、計画停電の対象になっていない場所でも皆が自発的に節電をしています、そして骨身を惜しまずに黙々と救助活動をする自衛隊、消防隊、そしてボランティアの方々の素晴らしい働きにただただ感動しています、人間って優しいですね~~

そして、花達は何事もなかったように芽を覗かせ始めました、チュウリップ、翁草、百合、芍薬、花大根、辛夷、桜、etc.・・・庭は少しずつ春の花で彩られてくるでしょう、自然も平等に惜しみなく春の優しさを与えてくれます。

被災地の方達にとっての春が一日も早く訪れますように祈ります。Photo

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

自粛生活

東北関東大震災から一週間が過ぎようとしています・・・

毎日悲惨な報道を見ていると何も出来ない自分がもどかしくなります、ささやかな募金はしましたがまだまだ胸が苦しい日々です・・・そして普段の生活も少しずつ変えています、節電や遠出の外出を控えて家に居ることが多くなりました。

「計画停電」ですが、街を行くといつもより明かりが薄くなっている事に気付きます、停電のグループに入っていない区でもスーパーやデパートは少し薄暗い感じで節電をしています、道路も街灯が灯っているのは交差点のあたりのみでやはり薄暗くなってはいます、気を付けてみてみるとネオンも消えている所が多く、都民が自発的に節電をしているのでは?と・・・昨日も今日も「計画停電」はないとの発表があり、それは皆の節電の賜物ではないでしょうか、キラキラした夜が当たり前になっている東京もこれから考え直す時期に来ているのではと思います。

わたくしは春から秋にかけて定休日は茨城に釣りに行くのが恒例でしたが、これも自粛です・・なので近くの多摩川河川敷にちゃちゃを連れて行って走らせたり、帰りに少しの買い物をして早々に帰宅します、孫の入学を祝ってドライブでもと計画していましたがガソリンの事を考えると潤沢に使えず取りやめにする事にしました、被災地の事を考えると今までの生活が何もかも贅沢に思えます・・・

なのに多摩川の水は清らかに流れ,鷺や鵜、などがのんびりと餌をあさっている様子を眺めているとあの地震が夢だったのではと思えるほど静かな春のひと時です・・・

少しずつ物資の流通も出来始めあらゆる施設で被災者の受け入れが始まりました、被災された方々の心のケアも必要になってくる事でしょう、これからが正念場です、微力ながらも一人一人が知恵を出し合って長期の支えをして行ければと願っています。

今日のフォト575は多摩川でのちゃちゃとおっとっと、何やらPhoto 支え合っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

光の春・(東日本大震災)

マグニチュード9・0「東日本大震災」・未曾有の恐ろしい光景を毎日テレビで見ています、津波の悪魔のような素顔もテレビの画像でまざまざと知らされ身体の震えが止まりません。

被災された方達の悲しみ辛さをどのように和らげて差し上げたら良いのか・・世界の国からも支援の輪が広がっているようです、辛い中での人類愛を垣間見た思いです、日本の政界も与党野党を問わず一致団結して災害対策に当たって欲しいとせつに思います。

東京も震度5強、わたくしが生きてきた何十年の間で初めて経験する揺れでした、庭に何度飛び出したことでしょう、ちゃちゃもぶるぶると体を震わせて私達にぴったり寄り添っていました・・これから明るい時節なのに何とも大変な日本の春です。

明るい優しい春が日本中に隈なく訪れますように・・・と祈るばかりです。

今日のフォト575は・・「外(と)にも出よ新羅万象光る春」ピラカンサに光るつらら、水適が青空にキラキラ光っていました。Photo_2

ロシア語で

весна света 「 ベスナー・スベータ」

とは「光の春」の意とか・・・

厳寒のシベリアでも氷柱からの水滴の一滴が輝きながら落ちる・・ロシア語でいう「光の春」である・・

倉島厚 著より

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

春の息吹き

狭庭の梅がほころび始めました、ゆっくりと庭を巡ってみるとそこここに芽が顔を覗かせています、チュウリップやクロッカス・・ちょっと遅咲きの節分草、翁草、一輪草、等の山野草も小さな芽を付けています、水槽の魚たちもようやく動き始め、近くを通ると餌を欲しがるようになりました・・・

メジロ、シジュウガラなども餌台に来るようになって、ようやく遅い春が訪れてきました、そのうちに土色の植え込みも草が萌えはじめ爽やかな春の色に変わってゆくのでしょう、楽しみです・・

春は人の心を温かに豊かにしてくれます・・花粉症のひとには辛い春でしょうがもう少しの辛抱です、ちなみにうちの夫はスギ花粉が終わったころに罹るヒノキの花粉症とか・・私たちの待ちに待った釣りのシーズンなのに竿を持ってハクション大魔王!・・あまりのハクションの大きさに魚も吃驚です、私は今の所罹っていませんが今年は例年の10倍の飛散とのこと、いつ罹るやも知れません・・

今日のフォト575は庭の「振袖柳」・赤い帽子がチャーミングです!Photo

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

鬱って?

わたくしは本来が能天気なので鬱とは縁が遠いつもりなのですが、それなりに落ち込む事もありますcatface・・2月は受験シーズンわたくしの初孫も高校受験です、紆余曲折しつつも合格の報を聞いたときは夫と思わず拍手scissorsをしてしまいました、子供と違って孫は少し離れた所から心配していれば良いのですが・・・それなりにheart02

わたくしの仕事は髪結い(古いsweat01)です、お客様の中には気分を変えるために髪を切るという方もいらっしゃいます、女性はショッピングをしたり美容院で髪型を変えたりして気分をさっぱりしたいものなのです、ま~わたくしも同類ですが・・・

でも、それでも取り払えない心の悩みはどうしようもなく、日にち薬(月日が経てば薄れて行く悩み)で治すほかありません。

今回のフォト575は・・キンクロハジロという水鳥です、浮き寝をしています、冬の季語に「浮寝鳥」がありますが、この鳥は後頭部に飾り羽がついています、見つけた時、目が何となく鬱っぽい感じで浮いていましたのでこの句を付けてみました。Photo

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »