« 趣味は淡水の魚釣り | トップページ | ちゃちゃの耳! »

2010年12月 3日 (金)

障子の向こう?

3 都会では障子のある家が少なくなってきたように感じます、古くからある家が世代交代で取り壊され,跡地に三階建ての建て売り住宅があっという間に立ち並び新しい住人が加わります、新築の家はモダンな洋風、畳敷きの部屋はあっても障子の見える家はあまり見当たりません・・・

遠野に旅行に行ったときに曲り屋の中を拝見しました、大きな屋敷にはたくさんの畳の部屋がありました、障子を張り替えるのが大変だろうな~と思うほどの障子の数、そして日当たりのよい長い廊下の軒先には柿すだれ、居間になる部屋には囲炉裏がありその周りを何代もの家族が取り囲み団欒を楽しんだのでしょう、馬も牛も曲り家の中で暮らしています、都会のちまちまとした狭い家で暮らしている我が身には夢の中の暮らしです、でも曲り家を持つ家は遠野でも裕福な家のようで、そのほかの家はやはり貧しい小さな家での暮らしだったようですが・・・

障子には不思議な雰囲気があります、夜になって閉められた障子から漏れる灯りには温かさとともに曇りガラスやカーテンでは受け取れないなんとなく秘密っぽさを感じるのは私だけでしょうかconfident

今日のフォト575は、遠野で見た語り部の部屋、障子の向こうには何人かの人が語り部さんの話を熱心に聴いていました、中にいる人影がなんとなく艶っぽく感じられたのでカシャッconfident

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

|

« 趣味は淡水の魚釣り | トップページ | ちゃちゃの耳! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 独特の雰囲気のある作品でした。私の好きな昔の時代劇(特に旧大映系の。解ります?)を思い出します。
 雷蔵や勝新が登場しそうな雰囲気ですね。そして、句会でも感想を述べましたが、何処と無く色っぽい。
 参りました。したがって、文句無しに一票入れてしまいました。

投稿: 春旭 | 2010年12月 3日 (金) 13時06分

どんな話をしているのでしょうか。霊の話なんかでしたらフリーズしちゃうなぁ。解氷剤持っていかないと。

投稿: みの | 2010年12月 4日 (土) 09時46分

みすず様

初めてお便りします。
11月29日の「ご褒美」で「孫の足の裏」を投稿した「檀」です。
いつも、みすずさんの清潔感あふれる上品な作品に感心しています。
29日はみすずさんの「逆上がり・・・」にとられ残念でしたが、みすずさんの「孫の足の裏」にとられるかと思った、とのコメントに少し嬉しくなりました・・・意識して下さってたのですネ。
これからもよろしく!

投稿: 多田檀 | 2010年12月 4日 (土) 12時59分

春旭さん、こんばんは!

旧大映系・・時代劇はあまり見なかったのですが雷蔵さんとか勝新さんは知っています。

時代のギャップはありませんのでsweat01

嬉しい一票、有難うございました。

投稿: みすず | 2010年12月 4日 (土) 20時19分

みのさん、こんばんは!

語り部さんの話を漏れ聞いていましたが、訛りが強くて全部を理解することが出来ませんでした、でも聴いている皆さんが笑っていたのでおどろおどろしい話ではないようですhappy01

投稿: みすず | 2010年12月 4日 (土) 20時21分

檀さん、初めまして、お立ち寄りくださって嬉しいです・・どんな方かしら・・と想像していました。

殿堂入りした「たまごゆでうすかわをむく霧の朝」句も写真も好きな作品です、上五と中七をひらがなで作った所が新鮮で良いですね~scissors
先日の句会で茨城にお住いの春旭さんにもお話ししましたが,茨城県は投稿される方が多いですね・・

来年放映があるのかどうか解りませんが、またの作品を楽しみにしています、お暇な折には時々お立ち寄り下さい、お待ちしています。


投稿: みすず | 2010年12月 4日 (土) 20時30分

遠野というだけで 特別なところ ミステリアスなような・・・。
障子の影って 雰囲気ありますねぇ。
ひみつ な。
お座布団がまた カラフルな 昔の着物地みたいで きれい。sign02

影絵とかして 子供の頃 遊んだなぁ。
畳も障子もない house だよぉ。

投稿: acefeel | 2010年12月 4日 (土) 22時21分

acefeelさん、おはようscissors

遠野という名前が何となくミステリアスなものを感じますね、私もずっと憧れていた所です、昔の貧しいお百姓さんの暮らしや、裕福な家の立派な建物の比がなんだか切なくなるようなそんな場所でした。

投稿: みすず | 2010年12月 5日 (日) 08時24分

三鈴さんへ
やっとお便りをすることが出来ました。私は50代末に雑誌の記者をし政財界、作家、芸術家、マスメディアの方々を取材し、人生勉強をさせてもらい貴重な財産を頂きました。
現在もNPO-IF歴史文化交流フォーラム、AYFアンコールやまなみファンド(アンコール遺跡の修復、カンボジアの子供達の教育支援)の会員として色々学んでいます。
友人は20代、30代、40代、60代と男女共に私より
若い方々ばかりです。貴女のご活躍ぶりも凄いですね!
お会い出来る日を楽しみにしています。
富匂さんのブログよろしく。
貴女のPCアドレスからのお便りをお待ちしています。

投稿: 絢子 | 2010年12月 5日 (日) 15時12分

絢子ちゃん、見つけてくれて有難う!

色々知的なお仕事をしていたんですね~絢子ちゃんなら熟せるでしょう、私は家からあまり出ない仕事なのでお勤めをしたことがないの、なので世間に弱い、出掛ける時もパパがアッシー君をしてくれるので電車やバスにもあまり乗らない、フォト仲間と待ち合わせる時もみな心配してくれて着くまで携帯で誘導してくれます・・

フォト575を始めてからは一人で出掛けることが多くなっているので大分覚えましたhappy01

投稿: みすず | 2010年12月 5日 (日) 19時04分

私が違ってたかしら 絢子ちゃんってあの絢子ちゃんですか。 お返事下さいな

投稿: とみか | 2010年12月 6日 (月) 05時55分

姉さん、そうですよ・・あの絢子ちゃん。

姉さんのブログを教えましたからそのうち書き込みしてくれるでしょう、待っていてね!

投稿: みすず | 2010年12月 6日 (月) 09時22分

書き忘れましたが、遠野物語を書いた柳田国男は井上円了(東洋大学設立、哲学堂建設)とは犬猿の仲だったそうです。なぜなら円了は妖怪否定論者だったからなかなか溶解しなかったということです。

投稿: みの | 2010年12月 6日 (月) 09時25分

今晩は~
初めてコメントしています。
私がやっているブログでも俳句をやる方が時々訪ねてきてくださっているので読ませていただいているのですが、いいもんだな~と思っています。

俳句は作れませんが、その余韻に浸るのが好きです。
今日の句、いいですね~艶っぽいです。

トップページに乗っているものだけ読ませていただきましたが、折を見てまた伺い順次読ませていただきますね。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: jun_ko | 2010年12月13日 (月) 23時06分

junさん、早速おいでくださって有難う!

私もjunさんのブログお気に入りに入れました、拝見しましたが私の知っている場所を沢山撮られていてお見事でした・・

お友達も多くてjunさんの隠れたお人柄を垣間見ることが出来ました、これからもどうぞよろしくお付き合いお願いいたします。

投稿: みすず | 2010年12月14日 (火) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550296/50197877

この記事へのトラックバック一覧です: 障子の向こう?:

« 趣味は淡水の魚釣り | トップページ | ちゃちゃの耳! »